ページの先頭です
本文にジャンプします
メインメニューにジャンプします
トップページ > 研究室紹介 > 構造材料工学研究室

構造材料工学研究室

 当研究室の基本理念や日々の行っている研究内容をご紹介します。

 

1472389012889.jpgAugust 2016  in  tunoshima

Staff

sato.jpgSpecial-Appointment Professor

SATO Ryoichi (佐藤 良一)

Room: C1-243a
Tel & Fax: +81-82-424-7787
E-mail: sator@hiroshima-u.ac.jp

Profile

 

Kawai2.jpgProfessor

KAWAI Kenji  (河合 研至)

Room: A2-516
Tel & Fax: +81-82-424-7788
E-mail: kkawai@hiroshima-u.ac.jp

Profile 

 

nophoto1.JPGAssistant Professor

OGAWA Yuko (小川 由布子)

Room:A2-515
Tel & Fax:+81-82-424-7786
E-mail:ogaway@hiroshima-u.ac.jp

Profile

 

Bui2014.JPGAssistant Professor

BUI Phuong Trinh

Hometown: Ho Chi Minh City in Vietnam 

Subject: Alkali activation for pozzolanic reaction with porous ceramic aggregate

 


 

 

  

 

 

nophoto1.JPG

Office Administrator 

KUROMURA Yoko  (黒村 容子)

 

Room:A2-515
Tel & Fax:+81-82-424-7786
E-mail:
kuromura@hiroshima-u.ac.jp

 

 

 

 


 

Ph.D students

 

 

かーさん.jpg

D2

HO Che Min (何 旻哲)

Hometown: Taiwan 

Subject: Assessment of Carbon Reduction Techonologies in Asphalt Concrete Pavement

 

 

 

のーと.jpgのサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像

D1

Daungwilailuk Totsawat

Hometown: Thailand

Subject: Moisture Transfer in Concrerte
 

 

 

 

DSCF0494.JPG

D1
 

 ZHOU Shaojun  (周 少軍)

Hometown: Tsingtao in China

Subject: Environmental impact assessment of heavy metal from cement concrete

 

 

 

IMG_4564.JPGのサムネール画像

D1
 

 PHAM VAN TOAN  

Hometown: Hai Phong city in Vietnam

Subject: The deterioration of concrete using limestone and natural pozzolan powder blended cement in alum water

 

IMG_4977 (2).JPGのサムネール画像
 D1
 
Huynh Tan Phat
 

Hometown:Tien Giang Province,Vietnam

subject:The efficiency factor of fly ash in concrete

 

 

 

 

 

IMG_4975 (2).JPG
 
D1
 
Dang Quoc Viet
 

Hometown:Phu Yen Province,Vietnam

subject:Effect of chloride ion in sea sand on deterioration of concrete

 
 
 
 
 
 
 

Master's students

 

 

B4Sasaki2014.JPG

M2

SASAKI Yu (佐々木 優)

Hometown: Fukui in Japan

Subject: Shear failure of RC beams

 

 

 

B4Tanaka2014.JPGのサムネール画像

M2

TANAKA Shinya (田中 慎也)

Hometown: Osaka in Japan

Subject: Heavy metals in cement concrete

 

 
  
 
 

B4Fujiyama2014.JPG

M2

FUJIYAMA Akihiro (藤山 尭大)

Hometown: Wakayama in Japan

Subject: Internal curing with porous ceramic aggregate

 

 
 
 
 

Kawabata.JPGのサムネール画像

M1

Kawabata Koki (川畠 光貴)

Hometown: Hiroshima in Japan

Subject: Internal curing with porous ceramic aggregate

 
 
 
 
 
 

 

Tsubone_角材.JPGのサムネール画像

M1

Tsubone Keisuke  (坪根 圭佑)

Hometown: Fukuoka in Japan

Subject: Sulfuric acid deterioration of cement concrete

 

 

 

 

Bachelor's students

    

ogawat

B4

Ogawa Takehiro(小川 岳洋)

Hometown: Hiroshima in Japan

Subject: effective creep coefficient of prestressed concrete

 

 

 yamasaki

B4

Yamasaki Masaharu (山﨑 真治)

Hometown: Shimane in Japan

Subject:Heavymetal and cesium of concrete

 

 

kitagawa

B4

Kitagawa Tatsuya (北川 達也)

Hometown: Hyogo in Japan

Subject: Moisture transfer

 

 

 

hajiri

B4

Hajiri Masashi (羽尻 雅司)

Hometown: Hyogo in Japan

Subject: Fly ash

 

 

 

mitsushima

 

B4

Mitsushima Nanami (満島 那奈美)

Hometown: Fukuoka in Japan

Subject: Sulfuric acid deterioration of cement concrete

 

 

tada

B4

Tada Shoki (多田 捷起)

Hometown: Kagawa in Japan

Subject: environmental impact

 

 

 

Graduates

March in 2016

Doctor

DSC05685.JPGのサムネール画像

 

MACHARIA Martin Mwangi
(マチャリア・マーティン・ムワンギ)

Hometown: Nairobi in Kenya

Subject: Internal curing effect of porous ceramic aggregate on structural performance of BB concrete

 

Masters

M1Sakamoto2014.JPG

 

SAKAMOTO Yuto (阪本 祐人)

Hometown: Yamaguchi in Japan

Subject: Shear failure of RC beam

 

 

 

 

M1Yamaguti2014.JPG

 

YAMAGUCHI Yoshiki (山口 佳紀)

Hometown: Yamaguchi in Japan

Subject: Sulfuric acid deterioration of cement concrete

 

 
 
 

 

Bachelors

 
 

Shigeta.JPG

 

Shigeta Kuya  (重田 空哉)

Hometown: Hiroshima in Japan

Subject: Behavior of cesium in cement concrete

 

 

 

 

Ochi_スコップ.JPGのサムネール画像のサムネール画像

 

 

Ochi Yuki  (越智 雄紀)

Hometown: Ehime in Japan

Subject: Environmental impact assessment of heavy metal from cement concrete

 

 

 

 

 ootaisi.PNG

 

 

Otaishi Kazuki  (大田石 和貴)

Hometown: Hiroshima in Japan

Subject: Alkali activation for pozzolanic reaction with porous ceramic aggregate

 

 

 

 

March in 2015

Masters

M2Yuhei2014.JPG

 

ITO Yuhei (伊藤 優平)

Hometown: Hyogo in Japan

Subject: Alkali activation of  pozzolanic reaction

 

M2Tokuhisa2014.JPG

 

 TOKUHISA Yoichi (徳久 陽一)

Hometonw: Hiroshima in Japan

Subject: Environmental impact reduction by capturing CO2

 

M2Muragishi2014.JPG

 

MURAGISHI Yusuke (村岸 祐輔)

Hometown: Shiga in Japan

Subject: Thermal expansion of cement concrete including porous ceramic aggregate

M2Fujioka2014.JPG



FUJIOKA Satoshi (藤岡 聡)

Hometown: Hiroshima in Japan

Subject: Moisuture transfer in cement mortar

 

DSCF0354.JPGのサムネール画像



ITO Masashi (伊藤 将志)

Hometown:Hiroshima in Japan

Subject: Behavior of cesium in cement concrete


March in 2014

Masters

Akasaki take2.jpgAKASAKI Daiki (赤崎 大希)

Topic: A study on measures for environmental impact reduction of precast concrete 

 

  

 

DSC05658.JPGKOGA Yohei (古賀 洋平)

Topic: Effects of waste roof tile aggregate on properties of high temperature cured concrete containing molten slag  

 

 

doi take2.jpgDOI Naoki (土居 直樹)

Topic: Internal curing effects of porous ceramic aggregate on properties of steam-cured fly ash concrete 

 

   

DSC05686.JPG

HATANO Yuji (波多野 裕侍)

Topic: Effects of coarse aggregate volume on sulfuric acid deterioration of concrete

 

 

hayashi take2.jpg

HAYASHI Akihiko (林 明彦)

Topic: Chemical states of heavy metal compounds in cement hydrates and mechanisms of heavy metal desorption caused by chlorides

 

  

Miyamoto take2.jpg

Master

MIYAMOTO Kazuya (宮本 和也)

Topic: Evaluation of volume change influence on shear strength of normal strength RC beams


 

Bachelors

大島 崇志 (Oshima Takashi) :

Topic: An investigation on moisture transfer in hardened cement with different water cement ratios using electric resistance method

福田 圭祐 (Fukuda Keisuke)

Topic: Effects of alkali activator on pozzolanic reactivity at early age   

 

Professors' profile

SATO Ryoich (佐藤 良一)

Career

1972年 3月 東京工業大学工学部土木工学科卒業
1974年 3月 東京工業大学大学院理工学研究科土木工学専攻修士課程修了
1974年 4月 (株)開発機構入社
1974年 5月 東京工業大学助手 工学部土木工学科
1975年 1月 防衛大学校助手 土木工学教室
1976年10月〜1978年 3月 (財)電力中央研究所客員研究員
1980年 4月 防衛大学校講師
1982年 7月 工学博士
1983年 4月 防衛大学校助教授
1984年 4月 宇都宮大学助教授 工学部土木工学科
1992年 3月〜 8月 カルガリー大学客員教授
1998年 4月 宇都宮大学教授
1999年 4月 広島大学教授 工学部第四類(建設系)
2001年 4月 広島大学教授 大学院工学研究科社会環境システム専攻
2003年 4月〜2004年 3月 放送大学非常勤講師
2005年11月〜2005年12月 鹿児島大学講師

Main Research Interests

  1. 高強度コンクリートの収縮低減と構造性能評価
    高強度コンクリートの自己収縮および自己収縮応力低減には低熱セメント、膨張材、収縮低減剤の併用が有効で、この収縮低減を考慮した、短期・長期の曲げひび割れ幅、有効曲げ剛性式の開発を行っている。さらに、収縮を考慮したRCはりのせん断耐力、寸法効果の解明および算定法の開発を行っている。
  2. 多孔性セラミックによる自己収縮低減法の開発
    廃瓦の高い破砕率(天然骨材と人工軽量骨材の中間値)と比較的高い吸水率(6〜9%)に着目し、内部養生材としての有効性を検討している。この内部養生機能を利用し,これと皮膜養生を併用することにより、早期脱枠、混合セメントの利用拡大も合わせて検討している。
  3. 持続荷重下のRC部材の鉄筋腐食進行と構造性能評価
    持続荷重下のRC部材が塩分環境下にある場合を想定し、鉄筋腐食、時間依存性挙動に及ぼすかぶり、鉄筋応力度の影響,すわわち力学的損傷と鉄筋腐食の相互作用を明らかにする。合わせて点検項目としてたわみが有効であるかを検討する。
  4. ひび割れ部の塩水侵入機構と鉄筋腐食に関する研究
    W/C=0.4と比較的緻密でひび割れを有するRC棒材が、台風を想定し、降雨―乾燥の繰り返し作用を受ける場合の塩水侵入機構、鉄筋腐食速度の解明を図る。検討要因はひび割れの貫通の有無、かぶりである。

Interdisciplinary Activities

<Awards>

土木学会吉田賞(1985年)
日本コンクリート工学協会賞(論文賞)(1998年,2008年)
日本コンクリート工学協会賞(功労賞)(2005年)
セメント協会論文賞(1980年,1990年)

<Society activities>

RILEM (International Union of Laboratories and Experts in Construction Materials, Systems and Structures)

  1. Technical Committee 196-ICC (Internal Curing of Concretes) , Member, 2002-2007

JSCE (Japan Society of Civil Engineers)

  1. コンクリート委員会, 常任委員, 1993.3〜現在
  2. コンクリート委員会示方書小委員会, 委員, 2003.10〜2005.3
  3. コンクリート委員会示方書改訂小委員会, 委員, 2005.9〜2008.3 
  4. コンクリート委員会電気炉酸化スラグ骨材コンクリート研究小委員会, 委員, 2001.9〜2003.3
  5. コンクリート委員会電力施設解体コンクリート利用検討委員会耐荷性WG, 委員, 2002.11〜2005.3
  6. コンクリート委員会鉄筋継手指針改訂小委員会, 委員, 2005.1〜2007.3
  7. 構造工学委員会, 委員, 2001.6〜2003.5
  8. 構造工学委員会, 副委員長, 2003.6〜2005.5
  9. 複合構造委員会, 委員, 2005.5〜2007.3
  10. 舗装工学委員会コンクリート舗装小委員会, 委員, 2007.1〜2008.12
  11. 論文賞選考委員会, 委員, 2001.8〜2003.5
  12. 吉田賞選考委員会, 委員, 2002.7〜現在
  13. 技術功労賞選考委員会, 委員, 2002.7〜2003.5
  14. 論文集編集委員会, 委員, 2000.4〜2002.5
  15. 会員・支部部門, 委員, 2002.5〜2003.5
  16. 平成19年度土木学会全国大会実行委員会, 委員, 2006.12-2008.11
  17. 平成19年度土木学会全国大会実行委員会, 幹事会委員, 2006.12-2008.11
  18. 平成19年度土木学会全国大会実行委員会, 学術部会長, 2006.12-2008.11
  19. 技術者資格委員会上級技術者資格小委員会実行委員会・1級技術者資格小委員会実行委員会, 会場責任者, 2004.10〜2004.12
  20. 技術者資格委員会2級技術者資格小委員会実行委員会, 会場責任者, 2004.10〜2004.12
  21. 中国支部, 幹事長
  22. 中国支部, 技術相談員, 2004.5〜2005.4

JCI (Japan Concrete Institute)

  1. 研究委員会, 委員, 2004.6〜2006.3
  2. マスコンクリートのひび割れ制御に関する研究委員会, 委員長, 2004-2005
  3. マスコンクリートのひび割れ制御指針改訂委員会, 委員長, 2006.4〜現在
  4. マスコンクリートのひび割れ簡易判定手法検討委員会, 副委員長, 2006.11〜現在
  5. マスコンクリートのソフト作成委員会, 委員, 2001〜現在
  6. セメント材料の時間依存性挙動に関する研究委員会, 幹事, 2006.6〜2008.3
  7. セメント材料の時間依存性挙動に関する研究委員会耐久性力学WG, 主査, 2006.6〜2008.3
  8. 膨張コンクリートによる構造物の高機能化/高耐久化研究委員会, 委員, 2001.6〜2003.3
  9. 中国支部, 常任委員, 2006〜現在 
  10. コンクリート工学年次大会2004(高知)実行委員会, 委員, 2003-2004
  11. コンクリート工学年次大会2004(高知)実行委員会広報部会, 部会長, 2003-2004
  12. コンクリート技士試験委員会, 委員, 2002-2003
  13. コンクリート技士試験委員会問題作成WG, 委員, 2002-2003
  14. コンクリート技士試験東広島試験地, 統括管理者, 2002-2003

JCA (Japan Cement Association)

  1. セメント・コンクリート論文集編集委員会, 委員, 2001.4-2003.3, 2005.4-2007.3

<Organizing committee of international conference>

  1. Fifth International Conference on Concrete under Severe Conditions Environment and Loading(Consec07), June 2007,France, Advisory Committee Member
  2. The Second Cconference on Concrete Modelling (Conmod'08), May 2008, The Netherland, Scientific Committee Member
  3. 8th International Conference on Creep, Shrinkage and Durability of Concrete and Concrete Structures(CONCREEP8), Oct. 2008, Japan, Advisory Board Member of IA-Concreep
  4. The First International Conference on Civil and Environmental Engineering (ICCEE-2002), Higashi-Hiroshima, Japan, 2002.10.30-31, Member of Organizing Committee, Chairman of Local Organizing Committee
  5. International Conference on Civil and Environmental Engineering (ICCEE-2003), Higashi-Hiroshima, Japan, 2003.10. 23-24.  Member of Organizing Committee, Chairman of Local Organizing Committee
  6. International Seminar on Durability and Lifecycle Evaluation of Concrete Structures-2003, Structural Safety and Reliability, Project Research Center of Hiroshima University, Hiroshima, Chairperson of organizing committee
  7. International Conference on Civil and Environmental Engineering (ICCEE-2004), Higashi-Hiroshima, Japan, 2004.7.27-28, Chairman of Organizing Committee
  8. International Seminar on Durability and Lifecycle Evaluation of Concrete Structures-2004, Structural Safety and Reliability Project Research Center of Hiroshima University, Hiroshima, Chairperson of organizing committee
  9. International Conference on Civil and Environmental Engineering (ICCEE-2005), Higashi-Hiroshima, Japan, 2005.10.26- 27, Member of Organizing Committee
  10. International RILEM-JCI Seminar on Concrete Durability and Service Life Planning: Curing, Crack Control, Performance in Harsh Environments (ConcreteLife'06), Ein-Bokek, Dead Sea, Israel. 2006.3.14-16, Chairman of Organizing Committee
  11. International Conference on Civil and Environmental Engineering (ICCEE-2006), Higashi-Hiroshima, Japan, 2006.9.27-28, Member of Organizing Committee
  12. International Seminar on Durability and Lifecycle Evaluation of Concrete Structures-2006, Structural Safety and Reliability Project Research Center of Hiroshima University, Hiroshima, Chairperson of organizing committee
  13. International Conference on Civil and Environmental Engineering (ICCEE-2007), Higashi-Hiroshima, Japan, 2007.10.11-12, Member of Organizing Committee
  14. International Seminar on Durability and Lifecycle Evaluation of Concrete Structures-2007, Structural Safety and ReliabilityProject Research Center of Hiroshima University, Hiroshima, Chairperson of organizing committee

<公共団体およびその外郭団体委員>

大学評価・学位授与機構

  1.  学位審査会, 臨時専門委員, 2001.5〜2002.3

日本学術振興会

  1. 建設材料第76委員会, 委員, 1997.5〜現在
  2. 科学研究費委員会, 専門委員, 2003.1〜2003.9, 2006.1〜2006.12

国土交通省中国地方整備局

  1. 産業廃棄物有効活用によるPC桁研究委員会, 委員長, 2002.5-2003.12
  2. 総合評価審査委員会, 委員長, 2006.1-2008.1

国土交通省中国地方整備局三次河川国道事務所

  1. 作木大和道路両国トンネル舗装検討委員会, 委員長, 2004-2005

(財)先端建設技術センター

  1. ごみスラグ活用研究会, 委員長, 2004.7-2006.3

西日本高速道路(株)中国支社千代田管理事務所

  1. 橋梁補修・補強検討会, 委員長, 2006-2007

日本道路公団中国支社

  1. 中国支社管内道路詳細点検・検討業務の技能確認, 専門委員, 2005.3〜2005.3

日本道路公団中国支社広島事務所

  1. 中国地区ハイウェイカウンセラー会議, 委員, 2001.6〜2005.9

(財)道路保全技術センター

  1. 道路防災ドクター, 2001.4〜現在
  2. 管理・防災の観点からの道路計画基準作成に関する技術検討, 委員, 2007.1〜2007.3

(財)土木研究センター

  1. ブロック型枠式RC擁壁設計マニュアル委員会, 委員, 2005.3〜2005.3
  2. PC-壁体建設技術審査証明内容変更委員会, 委員, 2006.9〜2006.12
  3. 構造用プレキャストコンクリートブロック積上げ式擁壁「ハイティーウォール」建設技術審査証明委員会, 委員, 2007.1〜2007.3
  4. 土留め構造物用(連続壁)プレキャストプレストレストコンクリート杭建設技術審査証明委員会, 委員, 2007.11〜2008.5

新東京国際空港公団

  1. 舗装構造検討委員会, 委員, 2002.5〜2004.3

成田国際空港(株)

  1. 舗装構造検討委員会, 副委員長, 2004.4〜2005.3

(財)沿岸開発技術研究センター

  1. 東京国際空港舗装構造研究委員会, 委員, 2002.1〜2002.3

<Project>

  1. 広島大学構造安全・信頼性プロジェクト研究センター, センター長, 2003-現在

<所属学協会>

JCSE, JCI, AIJ (Architectural Institute of Japan), JSMS (Society of Materials Science,Japan), JPCI (Japan Prestressed Concrete Institute), JSCE (Japan Society of Dam Engineers), ACI (American Concrete Institut), fib(fédération internationale du béton), RILEM

 

KAWAI Kenji (河合 研至)

Career

1985年 3月 東京大学工学部土木工学科卒業
1987年 3月 東京大学大学院工学系研究科土木工学専攻修士課程修了
1990年 3月 東京大学大学院工学系研究科土木工学専攻博士課程修了
工学博士
1990年 4月 広島大学助手 工学部
1995年11月 広島大学助教授 工学部
1997年 7月〜1998年 7月 米国・ノースウェスタン大学客員研究員
2001年 4月 広島大学助教授 大学院工学研究科
2003年 4月 技術士(建設部門)
2004年 4月〜2005年 3月 名古屋大学非常勤講師
2005年 3月 技術士(総合技術監理部門)
2006年 4月〜2007年 3月 名古屋大学非常勤講師
2007年 4月 広島大学准教授 大学院工学研究科

Main Research Interests
1.化学的作用に伴うコンクリート内部の物質移動
コンクリートの中性化(炭酸化),塩害,化学的侵食など,化学的な外的要因が作用した場合における,コンクリート内部の物質移動を数値解析的に解明する.
2.コンクリートの硫酸劣化メカニズム
各種混和材の使用を含め,コンクリートの硫酸劣化メカニズムを解明するとともに,効果的な耐酸性材料の開発を行う.
3.コンクリートからの重金属溶出挙動
コンクリート内部における重金属の固定・拡散を考慮した溶出挙動の把握ならびに数値解析手法の確立を行う.
4.コンクリートの環境負荷評価
コンクリートおよびコンクリート構造物のライフサイクルにおける環境負荷を評価するシステムの構築ならびに評価に必要となるインベントリデータの整備を行う.

Interdisciplinary Activities

<Awards>

日本コンクリート工学協会賞(論文賞)(2006年)
セメント協会論文賞(1998年,2008年)
第12回コンクリート工学年次講演会優秀講演賞(日本コンクリート工学協会)(1990年) 
中国電力技術研究財団設立10周年記念研究フォーラムプレゼンテーション賞(2001年) 
中国電力技術研究財団優秀研究賞(2002年)
広島大学工学部・大学院工学研究科教育顕彰(2003年)

<Society Activi>

JABEE (Japan Accreditation Board for Engineering Education)
1.平成18年度認定審査, 審査員, 2006-2007

JSCE (Japan Society of Civil Engineers)
1.全国大会委員会, 中国支部委員, 2006.12-2008.11
2.全国大会委員会プログラム編成会議平成19年度, 第㈸部門委員, 2007.4-2007.9
3.論文賞選考委員会, 幹事, 2002-2003
4.論文集編集委員会第5小委員会, 編集調整幹事, 2002-2004
5.コンクリート委員会示方書改訂小委員会維持管理編作成部会, 委員, 1999-2004
6.コンクリート委員会高強度人工軽量骨材コンクリート調査研究小委員会, 委員, 1999- 2001
7.コンクリート委員会コンクリートの環境負荷評価研究小委員会, 委員長, 1999-2001, 2002- 2004
8.コンクリート委員会化学的侵食・溶脱研究小委員会, 委員, 2001-2003
9.コンクリート委員会微量成分溶出に関する調査研究小委員会, 委員, 2001-2003
10.コンクリート委員会英文ライブラリー刊行編集小委員会, 委員, 2003-2004
11.コンクリート委員会示方書連絡調整小委員会, 委員, 2003-2005, 幹事, 2006-現在 
12.コンクリート委員会示方書小委員会環境側面検討部会, 幹事, 2004-2005, WG1主査, 2004-2005
13.コンクリート委員会示方書改訂小委員会設計部会, 委員, 2005-2008
14.コンクリート委員会示方書改訂小委員会施工部会, 委員, 2005-2008
15.コンクリート委員会フライアッシュ有効活用研究小委員会, 委員, 2006-現在
16.技術者資格委員会上級技術者資格小委員会実行委員会・1級技術者資格小委員会実行委員会, 会場責任者補佐, 2005-2006
17.技術者資格委員会上級技術者資格小委員会実行委員会・1級技術者資格小委員会実行委員会, 事務責任者, 2003-2004
18.技術者資格委員会2級技術者資格小委員会実行委員会, 事務責任者, 2003
19.技術者教育プログラム審査委員会平成17年度JABEE認定・審査, オブザーバー, 2005-2006
20.平成19年度土木学会全国大会実行委員会, 事務局, 2005-2007, 総務部会総務班, 企画調整係, 庶務係, 会場案内係, 2006-2007, 総務部会総合受付・案内班, 副班長, 2006-2007, 学術部会第㈸(材料)班, 班長, 2006-2007
21.中国支部, 幹事, 2001-2003
22.中国支部防災危機管理コンテスト実行委員会, 事務局, 2006-2007

JCI (Japan Concrete Institute)
1.役員候補推薦・調整委員会, 幹事, 2001-2003
2.コンクリート工学論文集編集委員会, 委員, 2004-2006
3.コンクリート工学年次大会2004(高知)実行委員会, 委員, 2003-2004, 講演部会, 幹事, 2003-2004
4.コンクリート工学年次論文査読委員会, 委員, 1999-2001, 2003-2004
5.複合劣化コンクリート構造物の評価と維持管理計画研究委員会, 委員, 1998-2001
6.コンクリート構造物の設計・施工等における環境負荷低減技術の開発と一般化研究委員会, 幹事, 2005-2006
7.コンクリート構造物の環境性能に関する研究委員会, 幹事, 2006-現在, 環境性能向上技術WG, 主査, 2006-2008
8.ISO/TC71対応国内委員会SC8対応準備WG, 委員, 2007-現在
9.電子情報化委員会, 委員, 2003-2004
10.コンクリート技士試験委員会, 委員, 2006-2008
11.コンクリート技士試験委員会問題作成WG, 委員, 2003-2004
12.コンクリート技士試験東広島試験地, 統括管理者, 2006-2008
13.コンクリート診断士試験小委員会試験問題作成WG, 委員, 2001-2006
14.コンクリート診断士研修小委員会, 委員, 2004-2007
15.中国支部, 幹事, 2005-現在
16.中国支部コンクリート用資源の活用委員会, 委員, 2005-2007
17.中国支部低強度コンクリートに関する特別研究委員会, 委員, 2006-現在

JCA (Japan Cement Association)
1.セメント・コンクリート論文集編集委員会, 委員, 2003-2005, 2007-現在

JSMS (Society of Materials Science, Japan)
1.コンクリート構造物の補修、補強、アップグレードシンポジウム実行委員会, 委員, 2001-現在
2.編集委員会, 査読委員, 2006-現在

fib (International Federation for Structural Concrete)
1.Commission 3: Environmental Aspects ofDesign and Construction, Member, 1999-現在
2.Task Group 3.3: Environmental Design, Member, 1999-2003
3.Task Group 3.6: Guidelines for Environmental Design, Secretary, 2003-現在
4.Task Group 3.8: Technologies for Green Concrete Structures, Member, 2006-現在
5.Task Group 3.9: Application of Environmental Design to Concrete Structures, Convener, 2006-現在

<Organizing committee of international conference>
1.The First International Conference on Civil and Environmental Engineering (ICCEE-2002), Higashi-Hiroshima, Japan, 2002.10.30-31, Secretary of Local Organizing Committee
2.International Conference on Civil and Environmental Engineering (ICCEE-2003), Higashi-Hiroshima, Japan, 2003.10. 23-24, Member of Local Organizing Committee
3.International Conference on Civil and Environmental Engineering (ICCEE-2004), Higashi-Hiroshima, Japan, 2004.7.27-28, Member of Local Organizing Committee
4.International Seminar on Durability and Lifecycle Evaluation of Concrete Structures- 2004, Higashi-Hiroshima, Japan, 2004.9.13, Member of Organizing Committee
5.International Conference on Civil and Environmental Engineering (ICCEE-2005), Higashi-Hiroshima, Japan, 2005.10.26-27, Member of Local Organizing Committee
6.International Seminar on Durability and Lifecycle Evaluation of Concrete Structures- 2006, Higashi-Hiroshima, Japan, 2006.9.26, Member of Organizing Committee
7.International Conference on Civil and Environmental Engineering (ICCEE-2006), Higashi-Hiroshima, Japan, 2006.9.27-28, Member of Organizing Committee, Chairman of Local Organizing Committee
8.Fifth International Conference on Concrete under Severe Conditions of Environment and Loading, Tours, France, 2007.06.04-06, Member of Scientific Committee
9.International Seminar on Durability and Lifecycle Evaluation of Concrete Structures- 2007, Higashi-Hiroshima, Japan, 2007.9.20-21, Member of Organizing Committee
10.International Conference on Civil and Environmental Engineering (ICCEE-2007), Higashi-Hiroshima, Japan, 2007.10.11-12, Member of Local Organizing Committee

<Public or Affiliated Organization>


国土交通省中国地方整備局
1.中国地区骨材資源対策技術委員会, 委員, 2000-2004

国土交通省中国地方整備局中国技術事務所
1.建設発生土リサイクルコンクリート検討委員会, 委員, 2000-2003

国土交通省中国地方整備局広島国道事務所
1.広島県西部ブロック総合評価審査部会, 委員, 2006-現在

国土交通省中国地方整備局三次河川国道事務所
1.作木大和道路両国トンネル舗装検討委員会, 委員, 2004-2005

広島県
1.資源循環広域システム検討会(無機性汚泥), 委員長, 2005-2006

広島県公営企業管理者
1.広島県送水施設事故調査委員会, 委員, 2006-2007

滋賀県
1.琵琶湖流域下水道ストックマネジメント検討委員会, 委員, 2006-現在

兵庫県中播磨県民局
1.揖保川幹線技術検討委員会, 委員, 2007-2008

日本下水道事業団
1.技術評価委員会防食専門委員会, 専門委員, 1999-2001
2.技術評価委員会耐硫酸モルタル防食専門委員会, 専門委員, 2005-2008

(財)先端建設技術センター
1.ごみスラグ活用研究会, 委員, 2004-2006

(財)高速道路技術センター
1.中国支社管内橋梁補修対策に関する技術検討委員会, 委員, 1999-2001
2.中国支社管内コンクリート構造物の補修補強に関する検討委員会, 委員, 2001-2003

(財)中国技術振興センター
1.技術交流プラザ環境再生技術交流研究会幹事会, 委員, 2002-2005

西日本高速道路(株)中国支社千代田管理事務所
1.橋梁補修・補強検討会, 委員, 2006-2007

<Other Projects>

1.東京大学生産技術研究所, 協力研究員, 1992-1995, 1996-1997, 1999-2007

当研究室の教員が関連している学部および大学院での講義を紹介しています。

ここでは,当研究室の業績を,学術論文(査読付),国際会議発表論文,著書・総説・特許等に分けて紹介しています.

研究室構成員による2007年までの各種受賞を,学協会賞等,優秀論文賞・優秀発表賞等に分けて紹介しています.

当研究室の卒業生は、様々な業界で活躍しています。ここでは、年度ごとの卒業生の進路先を紹介しています。

当研究室の外部資金獲得状況を,競争的資金,学協会・財団等研究助成,共同研究に分けて紹介しています.

当研究室の所有している実験設備・実験装置を紹介します。

本文の終わりです
ページの終わりです
先頭にもどります