ページの先頭です
本文にジャンプします
メインメニューにジャンプします
トップページ > 研究室紹介 > 構造材料工学研究室 > 研究室の活動 > 研究室ニュース > CONCRACK2017

構造材料工学研究室

2017 04/25
CONCRACK2017

 4月末にCONCRACK2017がありました。

広大名誉教授 材研先代教授 佐藤先生のopeningから始まりまして、
広大でも何回かご講演いただいているフランスのToutlemonde博士のclosingで終わりました。
マニアックな内容の濃いworkshopでした。
最終日の東京外環のジャンクションやLNGタンクの見学会も興味深かったです。

JCI-RILEM International Workshop on “Control of Cracking of Mass Concrete and Related Issues Concerning Early Age Cracking of Concrete Structures”
ConCrack5 (Institute of Industrial Science, the University of Tokyo)
関連論文
1.    Yuko Ogawa, Ryoichi Sato and Kenji Kawai: Early Age Deformation, Its Resultant Stress and Creep Properties of Concrete with and without Internal Curing Subjected to High Temperature History at an Early Age, Proceedings of the Control of Cracking of Mass Concrete and Related Issues concerning Early Age Cracking of Concrete Structures CONCRACK5, Tokyo, Japan, 2017.04.24-26, pp.73-80.

材研卒業生 頃安先輩もご発表でした。
Provisions against thermal and drying shrinkage cracking in construction of prestressed concrete bridge

 

 

1_ProfSato_Opening.JPGのサムネール画像のサムネール画像

 

 

 

 

 

3_Ogawa_presentation.JPGのサムネール画像

 

 

 

 

 

4_MrKoroyasu_presentation.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

6_Group picture.jpg

 

本文の終わりです
ページの終わりです
先頭にもどります