ページの先頭です
本文にジャンプします
メインメニューにジャンプします
トップページ > 研究室紹介 > 構造材料工学研究室 > 研究室の活動 > 研究室ニュース > 第73回セメント技術大会(東京・池袋)

構造材料工学研究室

2019 05/21
第73回セメント技術大会(東京・池袋)

 本年度もセメント協会主催のセメント技術大会(5/8~5/10)に2名の学生が参加いたしました。

本研究室からは、M2の柴﨑と西脇が参加し、それぞれの研究内容について発表いたしました。また、河合先生がセッションの座長を務められました。以下に大会中の様子を添付しております。

研究内容を発表することで、自身の研究について整理する良い機会となった上に、他者の発表を聴講することで、最近の研究動向についてなどの知見を拡げると同時に、自身の研究姿勢に対して良い刺激を受けました。

1.png2.png3.png4.png

 

本研究室関連発表は以下の通りです。

1.    新見龍男(株式会社トクヤマ)、桐野裕介(太平洋セメント株式会社)、加藤弘義(株式会社トクヤマ)、河合研至(広島大学大学院)セメントのリサイクル資源活用を考慮した環境影響評価(その6)構造物のライフサイクルを考慮したLIME3による影響

2.    新見龍男(株式会社トクヤマ)、桐野裕介(太平洋セメント株式会社)、茶林敬司(株式会社トクヤマ)、河合研至(広島大学大学院)セメントのリサイクル資源活用を考慮した環境影響評価(その7)構造物のライフサイクルを考慮した廃棄物指標による評価

3.     柴﨑悠吾(広島大学大学院)、河合研至(広島大学大学院)、桐野裕介(太平洋セメント株式会社)、新見龍男(株式会社トクヤマ)セメントのリサイクル資源活用を考慮した環境影響評価(その8)重み付けの相違が各種セメントの指標値に及ぼす影響

4.    柴﨑悠吾(広島大学大学院)、河合研至(広島大学大学院)、星野清一(太平洋セメント株式会社)、茶林敬司(株式会社トクヤマ)セメントのリサイクル資源活用を考慮した環境影響評価(その9)重み付けの相違に伴う指標値の産業間での比較

5.    桐野裕介(太平洋セメント株式会社)、星野清一(太平洋セメント株式会社)、河合研至(広島大学大学院)、伊坪徳宏(東京都市大学)セメントのリサイクル資源活用を考慮した環境影響評価(その10)各国の環境条件を反映したセメントの評価

西脇拓巳、山﨑真治、小川由布子、河合研至(広島大学大学院)異なるpH調整法を用いた鉛の吸着特性

本文の終わりです
ページの終わりです
先頭にもどります