ページの先頭です
本文にジャンプします
メインメニューにジャンプします
トップページ > 研究室紹介 > 構造材料工学研究室 > 研究室の活動 > 研究室ニュース > コンクリート工学年次大会2019(札幌)

構造材料工学研究室

2019 10/15
コンクリート工学年次大会2019(札幌)

2019年7月10日~7月12日に札幌でコンクリート工学年次大会2019に5名の学生が参加いたしました。

本研究室関連発表は以下の通りです。

1.Apriany SALUDUNG,河合研至,小川由布子,EFFECT OF GGBS ADDITION ON PROPERTIES OF FLY ASH-BASED GEOPOLYMER AT HIGH TEMPERATURES

2.Tan Phat HUYNH1, Yuki MIYOSHI, 小川由布子, 河合研至 AN INVESTIGATION ON CORRELATION BETWEEN FLY ASH REACTION AND CEMENTING EFFICIENCY FACTOR FOR STRENGTH DEVELOPMENT OF CONCRETE

3.Quoc Viet DANG, 小川由布子, 河合研至 Mechanical properties and carbonation resistance of sea sand concrete containing ground granulated blast furnace slag under accelerated carbonation

4.Van Toan PHAM, Meng PHALKONG, 小川由布子, 河合研至 DETERIORATION OF CONCRETES CONTAINING SHIRASU NATURAL POZZOLAN AND LIMESTONE POWDER EXPOSED TO AGGRESSIVE CHEMICAL ENVIRONMENT

5.内海健太郎, 新見龍男, 小川由布子, 河合研至 硫酸浸漬初期におけるセメント硬化体の化学的性状の変化

6.新見龍男,加藤弘義,河合研至 C3Aに水石こう水和物と硫酸の反応性に関する基礎的検討 

また、Aprianyさんが年次論文奨励賞を受賞いたしました。おめでとうございます。

IMG_1397 (25) (1).JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

本文の終わりです
ページの終わりです
先頭にもどります