Infrastructure Management

 

The infrastructure management laboratory has recently established in 2019. 

インフラマネジメント研究室は、2019年に設立されました。

Infrastructure is the fundamental facilities and systems serving a country, city, or other area, including the services and facilities necessary for its economy to function. Infrastructure is composed of public and private physical improvements such as roads, railways, bridges, tunnels, water supply, sewers, electrical grids, and telecommunications (including internet connectivity and broadband speeds). In general, it has also been defined as "the physical components of interrelated systems providing commodities and services essential to enable, sustain, or enhance societal living conditions".

社会基盤は、経済が機能するために必要なサービスと設備を含む、国、都市、またはその他の地域にサービスを提供する基本的な設およびシステムで,道路、鉄道、橋、トンネル、上水道、下水道、送電網、および通信(インターネット接続とブロードバンド速度を含む)などの公共および民間の物理的改善で構成されています。 一般的に、「社会生活条件を有効化、維持、または強化するために不可欠な商品とサービスを提供する相互に関連するシステムの物理的コンポーネント」としても定義されています。

Infrastructure management is the integrated, multidisciplinary set of strategies in sustaining public infrastructure assets. Generally, the process focuses on the later stages of a facility's life cycle, specifically maintenance, rehabilitation, and replacement. Asset management specifically uses software tools to organize and implement these strategies with the fundamental goal to preserve and extend the service life of long-term infrastructure assets which are vital underlying components in maintaining the quality of life in society and efficiency in the economy.

インフラマネジメントは、公共社会基盤資産を維持するための統合された学際的な一連の戦略です。 一般に、プロセスは施設のライフサイクルの後の段階、特に維持、修繕、交換に焦点を当てています。 資産管理では特に、ソフトウェアツールを使用してこれらの戦略を編成および実装し、社会の生活の質と経済の効率を維持するための重要な基盤である長期インフラ資産の耐用年数を維持および延長するという基本目標を掲げています。