ページの先頭です
本文にジャンプします
メインメニューにジャンプします
トップページ > 研究室紹介 > 地球環境計画学研究室 > 研究室の業績

地球環境計画学研究室

1999年から現在までの査読付き論文のリストと

2012年から現在までの修士論文・卒業論文のタイトルです

論文集                                                           

                                                       (1)    塚井誠人, 藤原章正,杉惠頼寧,周藤浩司(1999)フレックスタイム制度下における通勤時刻選択行動の分析,土木学計画学研究・論文集,16,941-947

(2)奥村誠,塚井誠人(1999.9):平休日の生活時間評価構造に関する研究土木計画学研究,論文集,No.16,pp.181-186

(3)塚井誠人,奥村誠(1999.11):代替性・補完性を考慮した業務交通と通信パターンの重力モデル 都市計画論文集,No.34,pp85-90

(4)吉村充功,奥村誠,1999.11):都市内業務トリップにおける時間的集積の経済性都市計画論文集,No.34,pp217-222

5)奥村誠,藤井堅.塚井誠人(2001.3):空間的自己相関を考慮した鋼板腐食形状のモデル化土木学会論文集,No.672(-50),pp.109-116

(6)塚井誠人,奥村誠(2001.4):情報交流の複雑化を考慮した情報交通流分担モデル土木学会論文集,No.667(-50)pp113-121

(7)塚井誠人,奥村誠(2001.11):本社支社配置の経年変化のモデル分析,都市計画論文集,No.36,pp349-354

(8)    塚井誠人, 奥村 誠(2001.11)地域間情報交流の経年分析,土木計画学研究・論文集,No.18pp.173-179 

(9)    奥村 誠, 塚井誠人, 下荒磯司(2001.11)避難勧告の信頼度と非難行動,土木計画学研究・論文集,No.18pp.311-316.            

(10)塚井誠人,江尻良,小林潔司,奥村誠(2002.10):社会資本の生産性とスピルオーバー効果,土木学会論文集,No.716/-57,pp.53-67

(11)西村智明,ハックM シャーミム,奥村誠,塚井誠人(2002.10):交通事故危険度認知モデルの東広島への適用交通工学研究発表会論文報告集,No22,pp.29-32

(12)TUKAI,M and OKUMURA,M(2003.11):Analysis of inter-city passenger's route choice behavior on non-shortest-time routes.Journal of Eastern Asia Society for Transportation Studies Vol.5,pp.1463-1475

(13)中島和樹,奥村誠,塚井誠人(2003.11):緊急給水に対する事前防災対策の影響分析手法,土木計画学研究・論文集,No20,pp.331-336

(14)西村智明,ハックMシャーミム,奥村誠,塚井誠人(2003.11):危険度認識のドライバー間の不一致度と交通事故の発生率 ,土木計画学研究・論文集,No20,pp331-336

(15)枦元淳平,塚井誠人,奥村誠(2003.11):複数経路を考慮した鉄道・航空ネットワークの評価,土木計画学研究・論文集,No.20,pp255-260

(16)井上英彦,塚井誠人,奥村誠,(2003.11)カレンダー情報を利用した本四連絡日交通量の時系列分析,土木計画学研究・論文集,No20,pp843-848

(17)井上英彦,塚井誠人,奥村誠(2003.11):本四架橋交通量に基ずく休日交通パターンの分類,No.23,pp217-220

(18)塚井誠人,奥村誠(2003.11):交通データに基づく業務ネットワークと管理機能立地の比較,都市計画論文集,No.38-3,pp781-786

(19)塚井誠人,奥村誠(2004.7):交通・通信トラフィックデータに基づく業務ネットワークの経年比較,土木学会論文集,No.758-63,pp23-34

(20)塚井誠人,井上英彦,奥村誠(2004.11):集計的な到着・出発時刻分布に基づく滞在時間モデルの推定方法,土木計画学研究・論文集,No21.pp443-448

(21)枦元淳平,奥村誠,塚井誠人(2004.11):総流動データによる都道府県関純流動の逆推定,土木計画学・論文集,No.21,pp83-90

(22)塚井誠人,奥村誠(2004.11):事業所・企業統計を用いた地方都市への支社配置の分析,土木計画学・論文集,No.21,pp.209-215

(23)溝本剛志,塚井誠人,奥村誠(2004.11):ネットワーク型施設配置モデルによる廃棄物リサイクル施設配置計画の分析,都市計画論文集,No.39-3,pp565-570

(24)奥村誠,西村智明,塚井誠人(2004.11):危険度認識のばらつきが右折直進事故危険性に与える影響,交通工学研究発表会論文報告集No.24,pp.165-168

(25)塚井誠人(2005.11):空間統計モデルのフロンティア,土木計画学研究・論文集,No.22,招待論文,pp.-1~-13

(26)村上直樹,枦元淳平,奥村誠,塚井誠人(2005.11):地方空港アクセスが広域的利用に与える影響土木計画学研究・論文集,No.22,pp695~701

(27)TSUKAI,M and OKUMURA, M (2005.11):Retrospective assesment of inter-regional transportation service -network externality in transportation service-Journal of the Eastern Asia Society for Transportation Studies, Vol.6,pp.328-431

(28)塚井誠人,奥村誠(2005.12):地理的特性を考慮した市町村行政コスト効率性の計測,計画行政,No.28,pp.117-122

(29)村上直樹,竹内太郎,奥村誠,塚井誠人(2006.11):航空との補完的サービスを考慮した最適鉄道運行計画,土木計画学研究・論文集,No.23,pp629-634

(30)岩橋佑,平松敏史,奥村誠,塚井誠人(2006.11):地価・土地利用モデルを用いた水害リスクの影響分析,土木計画学研究・論文集,No.23,pp,291-298

 

(31)塚井誠人,村橋正武,川島崇(2006.11) :都心居住空間期間のモデル分析に基づく都心居住の継続性,土木計画学研究・論文集,NO.23,pp141-146

(32)塚井誠人,奥村誠,吉村充功(2006.11):施設利用交通の目的時刻別交通量への分解,交通工学研究発表会論文報告集,No.26,pp.237-240

(33)奥村誠,塚井誠人,安村勇亮(2006.11):大規模地震による重傷者の搬送計画モデル,交通工学研究発表会論文報告集,No.26,pp.249-252

(34)塚井誠人,奥村誠(2006.12):行政コスト不効率性に基づく市町村合併の評価,都市計画論文集 NO.41-3,pp.785-790

(35)塚井誠人,小林潔司(2007.7):長期記憶性を考慮した社会資本の生産性測定.pdf 土木学会論文集D,No.63,pp.255-274

(36)OKUMURA,M and TSUKAI,M(2007.9):Rail Inter-model network design under hub capacity constraint, Journal of the Eastern Asia Society for Transportation Studies, Journal of the Eastern Asia Society for Transportation Studies, VOl.7,CD-ROM

(37) 奥村誠,塚井誠人,吉村充功(2007.11):仙台空港利用車両の時間分布特性の分析, 交通工学研究発表会論文集,No.27,pp.177-180

(38) 塚井誠人,奥村誠(2007.11):日帰り交通圏の非対称性を考慮した都市間業務交通量・立地量の分析土木計画学研究・論文集,No.24,pp.59-66

(39)小林潔司,Mohamed Nazari Bin JAAFAR,尾形誠一郎,塚井誠人: 越境ヘイズ災害のための危険予告情報:レジーム変化と長期記憶性 478-497,土木学会論文集D Vol.63(2007),No.4

(40)塚井誠人,M.Jaafar,小林潔司(2008.11):煙害警報システムのための森林火災モデルの開発,土木計画学研究・論文集,No.25,pp.147-154

(41)奥村誠,塚井誠人(2008.11): 空港退出自動車交通量に関する混合ハザードモデルのEM推定.pdf土木計画学研究・論文集

(42)奥村誠,塚井誠人,カルロス ナバ フォンカセカ,吉村充功(2008.11):仙台空港発着便における遅れ・欠航の分析,土木計画学研究・論文集,No.25,pp.693-700

(44)塚井誠人,井上真一,奥村誠(2008.11):データマイニングによる広島空港流入車両の時間分布パターンの分析.交通工学研究発表会論文報告書,No.28

(45) 力石真,藤原章正, 張峻屹,塚井誠人(2008.11):過疎地域における活動抵抗を内生的に取り入れた時間配分モデルの開発,都市計画論文集,No.43-3

(46)高田直樹・奥村誠・塚井誠人(2008.11確率的な需要変動を考慮した対事務所サービス業支社配置のモデル分析,都市計画論文集,No.43-3,Vol.43(3),pp913-918

(47) 力石真,藤原章正, 張峻屹,塚井誠人(2009.6):ガソリン価格の変動による需要構造の変化の統計的分析,高速道路と自動車,Vol.52,No.8,21-29

(48)前山圭二・桑野将司・塚井誠人藤原章正, 張峻屹(2009.11):送迎の有無が自動車依存地域に住民の外出行動に及ぼす影響の分析,土木計画学研究・論文集,Vol.26,pp403-409

(49)有川つばさ・塚井誠人・桑野将司・藤山浩・山田和孝(2009.11):中山間地域住民の生活利便性が居住継続意向に及ぼす影響の分析,土木計画学研究・論文集,Vol.26pp.383-392

(50)井上真一・塚井誠人・桑野将司・奥村誠(2009.11):独立成分分析による非日常時の地方空港利用交通の分析 土木計画学研究・論文集,Vol.26.pp.583-595

(51)有川つばさ,塚井誠人,桑野将司,(2009.11) :地理的特性を考慮した中山間地域集落の集落特性の推移日関する分析 都市計画論文集,No.41-3, pp.469-474

(52)フィンセカ カルロス ナバ・奥村誠・塚井誠人(2009.10)バス利用計数データによる潜在需要分析の試み,都市計画論文集, Vol.44(3), pp.469-474

(53)高田直樹・奥村誠・塚井誠人(2009.10):ランクサイズルールに関する一考察,都市計画論文,Vol.44(3),pp.601-606

(54)OKUMURA,M, TUKAI,M. and KIMURA,Y (2009.11):Propagation of Improvement Effects of Critical Inter-city Link-- The Japanese Decadal Change of the Available Travel Routes --. Proceeding of the Eastern Asia Society for Transportation Studies, Vol.7

(55)TUKAI.M,OKUMURA,M, and NOMURA, S(2010.9):Emprical analysis on inter-regional tourism demand in Japan considering trip genaration,Journal of the Asia society for Transportation Studies , Vol .8 pp.1054 -1068

(56) OKUMURA,M, TUKAI.M, KIMURA,Y (2010.9):Propagation of Improvement Effects of Critical Inter-city Link --The Japanese Decadal Change of the Available Travel Routes -- Journal of the Asia society for Transportation Studies , Vol .8 pp.297-310

(57)桑野将司,藤原章正,塚井誠人,張峻屹,岩本真由子(2010.6):コピュラを用いた自動車保有期間と走行距離の同時決定モデルの開発,土木学会論文D,Vol.66,pp.54-63

(58)桑野将司,塚井誠人,岩本真由子(2010.9):社会的同調行動を考慮した電気自動車の普及要因分析,交通工学研究発表会論文報告集,Vol.30.pp.253-256

(59)桑野将司,岩本真由子,塚井誠人,藤原章正, 張峻屹(2010.11):保有と利用の相互依存性を考慮した世帯の自動車取り替え更新行動モデルの開発,土木計画学研究・論文集,Vol.27,pp539-550

(60)塚井誠人,桑野将司(2010.10):中山間地域住民の移住意向と移住要件に関する分析,都市計画論文集,Vol.45,pp277-282

(61)桑野将司,塚井誠人(2010.10):活動スケジュール評価に基づく集落コミュニティ内送迎の個人間マッチング手法,都市計画論文集,Vol.45,pp.697-703

(62)山本航,塚井誠人,桑野将司(2011.9):燃料消費率に基づく自動車運転特性の効率性分析,交通工学研究発表会論文報告集,No.31,

(63)難波雄二,塚井誠人,桑野将司(2011.12) :文脈マイニングモデルを用いた討議過程の可視化手法に関する研究,土木学会論文集D3,VOl.67,No.5,_209-_219

(64)桑野将司,塚井誠人,三田遼平,高松由彦(2011.12) :個人の外出時間に基づく社会的時間利用構造に関する経年分析土木学会論文集D3,VOl.67, No.5_563-I_571

(65)山下和哉,塚井誠人,桑野将司2011.12):活動ダイアグラムを考慮した送迎交通サービスの定量的評価手法の提案,土木学会論文集D3,VOl.67, No.5_947-_956

(66) 山下和哉,塚井誠人,桑野将司,増田裕元(2012.12):過疎地域整備に関する認知喚起型調査手法の提案,土木学会論文集D3,VOl.68, No.5_207-_222

(67) 松原司,桑野将司,塚井誠人(2012.12):選別・選択段階における他者への同調効果を考慮した電気自動車普及要因に関する研究,土木学会論文集D3,VOl.68, No.5_691-_700

(68)小笹俊成,塚井誠人,藤原章正(2012.12):事業区間を内生化した動的な道路事業評価手法の提案,土木学会論文集D3,VOl.68, No.5_929-_942

(69)Toshinari Kozasa , Makoto Tsukai ,and Akimasa Fujiwara(2012.8):A Development of Dynamic Road Network Planning Model Considering Step-by-step Construction of Links and Facility on Nodes, the Eighth International Conference on Trafic&transportation Studies (ICTTS’2012),B43,

(70)Makoto TSUKAI and Makoto OKUMURA (2012.9):Longitudinal Analysis on Inter –regional Business Trips and Office Network, International Symposium on Speed-up Safety and Service Technology for Railway and Magrey Syatems (STECH,2012)

(71)Kota MORISAKI Makoto TSUKAI and Yuji NAMBA (2013.6): An analysis on Unstated Concern and Steted Thought during  a Discourse in Public IssueGroup Decision and Negotiation –GDN 2013

(72)小笹俊成,塚井誠人,藤原章正(2013.9):誘発需要を考慮した道路整備便益手法の一提案,33回交通工学研究発表会論文集,pp.301-305

(73)Makoto TSUKAI, Shinichi INOUE Masashi KUWANO and Makoto OKUMURA (2013.9): Statistical Analysis on Multivariate Expressway Time Series Traffic Under the Different Toll Policies ,Asian Transport Studies

(74)津田敏明, 塚井誠人(2013.12)小地域補完のための空間集計モデルの適用可能性土木学会論文集D3,VOl.69, No.5391-400

(75)桑野将司,塚井誠人,岩本真由子(2013.12):低公害車普及による長期CO2管理システムの開発,土木学会論文集D3,VOl.69, No.5479-488

 (76)Kuwano,M, Tsukai,M ,and Matsubara,T (2013):The influence of social conformity in promoting electric vehicle sales , In M.J Roorda & E.J .Miller (Eds) , Travel Behaviour Reserch Current Foundations, Future Prospects (pp.369-386). Toronto: Lulu Press

(77)森崎孔太,塚井誠人,難波雄二,桑野将司(2014.1):司会者の関与が討議参加者の納得に及ぼす影響, 土木学会論文集D3土木計画学,VOl.70, No.1,pp.28-43

 

 

学生 

  • 岩本真由子,桑野将司,塚井誠人,藤原章正,張峻屹(2009):保有と利用の相互依存性を考慮した世帯の自動車取り換え更新行動モデルの開発,土木計画学研究・講演集,Vol.40,CO-ROM.                                                        
  • 重白結一,塚井誠人,桑野将司(2010):都市間業務交通需要と業務ネットワークに関する経年分析,広島大学卒業論文.                               
  • 重白結一,塚井誠人,桑野将司,奥村誠(2010):都市間業務ネットワークの経年変化に関する実証分析,第 41回土木学会土木計画学研究発表会(春大会).      
  • 難波雄二,塚井誠人,桑野将司(2010):発言録データに基づく文脈マイニング技術の開発,広島大学卒業論文.                          
  • 難波雄二,塚井誠人,桑野将司(2010):発言録データに基づく文脈マイニング技術の開発,第41回土木学会土木計画学研究発表会(春大会).           
  • 山下和哉,塚井誠人,桑野将司,(2010),活動ダイヤグラムを考慮したフィーダー型送迎の実現可能性,広島大学卒業論文.                   
  • 山下和哉,塚井誠人,桑野将司(2010):送迎活動の定量的評価手法,第41回 土木計画学研究発表会(春大会)                

 
 

 (H24年度)

<修士論文>
松原司:空間データサンプリングのための交通機関選択モデルの精度検証に関する研    究                                      
<卒業論文>
岡本佳祐:歩行及び滞留に着目した駅前広場の評価
神澤拓:「共助」に着目した交通権概念の検討
北原聡子:Web調査を用いたトリップ発生回数に関する研究
 
 
 
(H25年度)
                               <修士論文>
片川儀治:統計的に安定な因果推定による交通需要予測モデルの改良
津田敏明:ゼロカウント切断分布を含む空間計量混合分布モデルの開発
森﨑孔太:発話と思考の流れに着目した代議型公的討議の分析
                               <卒業論文>
赤池美奈:水害時の避難行動における住民の自助・共意識に関する研究
椎野創介:自立語の連続性に着目した討議傍聴者の納得の分析
林遼平:データ重み付けによる交通機関選択モデルの空間的な安定性の検証
松原浩太郎:外出交通に関するコミュニティの共助意識の分析
 

 

 

 

本文の終わりです
ページの終わりです
先頭にもどります