今一度考えたい、大切な環境工学

地球に住む我々人類は、環境の変化に大きく左右されながら今まで進化を続けて来ました。環境の変化が与える影響力とは裏腹に、日々の生活の中で実感する事が少ない為か『大きな変化』気がついて居ない人があまりにも多く感じます。

一般市民の私たちが普段気付かない様な環境問題に対してしっかりと研究し、改善に向けての取り組みやソリューションを提供する為に日々活躍している学者の中には『環境工学』の専門家も多く見られます。長年に渡る彼らの弛まぬ研究の結果、環境と人間が共存し合い、心地よく居住する現代の様な空間が出来上がっていると言っても過言ではありません。

環境工学とは『土木工学』と『化学工学』の一分野で、人の経済活動と、地球環境は持続的に良好な関係を保つために用いられる学問の研究分野として、近年非常に大きな注目を集めて居ます。

環境工学の専門家は、廃棄物管理から大気汚染防止、水質保全など人間の健康と環境に直接関わる分野を主に研究しています。他にも地球温暖化、酸性雨、オゾン層破壊などの人間が引き起こす重大な環境問題を調査し、課題の緩和およびや、規制するための技術的な方法を幹引き出すプロフェッショナルです。

多岐にわたる活躍!

前述した環境工学専門の活動は多岐に渡ります。彼らは、GISと呼ばれる『地理情報システム』などの最新技術を活用し、直接現地に赴かなくとも特定の地理的地域の土壌、または水質に関連するデータを調べる事まで出来るそうです。

一方で、綺麗な水が出れば人間は生きていけるという訳ではありません。もう一つ重要な大きな問題である固形廃棄物の管理にも環境工学の力が大きく寄与しています。

私たちは普段、生活しているだけで大量のゴミを出します。今週何回ゴミを捨てに行ったか覚えて居ますか?きっと大きなコンビニ袋一つでは到底収まらない量では無かったでしょうか?そんな大量なゴミが環境を汚染しないようにゴミの管理方法を政府や営利企業に助言しているのもこの環境工学エンジニアの方達。特定の地域に住んでいる人々からランダムでサンプルを集計し、その地域の1 人あたりのごみの量を割り出し、ごみの収集から管理方法、さらに廃棄の仕方などに関するあらゆる点において国に貢献しているのです。

環境工学が人類を救う

元々は我々人類が引き起こした環境問題ですが、地球という惑星が相手となると、到底一般市民の私たちには“身が重すぎる”話になってしまいます。環境工学者呼ばれる彼らは、人類が引き起こした環境問題によって苦しむ野生動物をたくさん救い、彼らにとっても住みやすい環境を作っているのも彼ら環境工学者。彼らの技術と弛まぬ努力は多くの人類と動物達をこれからもたくさん救って行く事でしょう。

私たちも傍観者ではいけません。自分達だけが心地良い世の中を作る事にフォーカスするのでは無く、多くの生き物が生息しているからこそ成り立っているという事を忘れずに、環境に優しい世界を取り戻す必要があります。

当然、地球のあらゆる環境問題の解決に奔走しているのは環境工学者だけではありません。政府の人間、役所、農家、科学者など、多くの人間に守られてこの星が生存しているという強い責任感を持つ人がもっと多く増える事を願います。